専業主婦の借入方法

誰でも簡単にお金を借りられるといったイメージのある消費者金融のキャッシングですが、利用者の職業によっては借入れに制限を掛けられているケースもあります。
お金を借りられるサービスとしてよく知られているキャッシングのサービスですが、このサービスに関しては消費者金融系のものと銀行系のふたつの種類があります。
消費者金融系、銀行系のどちらのキャッシングのサービスでも個人向けに少額のお金の融資を行っているという点では両者とも特別な違いはありませんが、借入可能な額については明確な違いが存在しています。

消費者金融系のキャッシングの場合、その業務を行うにあたっては貸金業法という法律によって規制されています。
貸金業法に関しては消費者金融業者だけではなく、クレジットカードの運用を行なっている信販会社もその対象となっています。
貸金業法には消費者金融や信販会社が個人に向けて貸付けを行える金額の上限を定めた総量規制という規則があり、利用者の年収に応じて貸付可能な額の上限が決められています。
具体的な数字で説明をすると、利用者の年収の3分の1までという金額が貸金業者が貸付可能な額の上限となっています。
安心借入ネットに総量規制が詳しく載っています。

そのため、利用者が消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードを使用して借入をする場合、利用条件として安定した収入があるということが求められるのです。
安定した収入の無い無職の人や専業主婦などの場合、前述した条件をクリアできないことになるため、無職の人や専業主婦は消費者金融では借りられないということになるのです。
しかし、消費者金融と同様のキャッシングのサービスを提供している銀行系と呼ばれている業者の場合、事情は異なってきます。
銀行系にキャッシングの場合、その業務を規制しているのは銀行法であり、銀行法には貸金業法の総量規制に該当する貸付可能な額の制限は設けられていません。
そのため、専業主婦や無職の人であっても所定の審査の結果次第では借入れ可能となるケースもあるのです。